人気ブログランキング |

8月の葦毛湿原 2019

暑い日が続きます。葦毛も暑かったですが。
5日現在、サギソウが見ごろとなっております。

f0367166_15055723.jpg
サギソウ Pecteilis radiata (Thunb.) Raf. ラン科

多数の株から花が咲いてます。足元付近に咲いてるものもあります。
カメラ、スマホ等で簡単に撮れるかと思います。

f0367166_14582646.jpg


f0367166_14595942.jpg
ノリウツギ Hydrangea paniculata アジサイ科

低木の花です。夏によく似合う色合いです。

f0367166_15002671.jpg

ノカンゾウ Hemerocallis longituba ユリ科

ユリのような花です。花は一日で終わってしまいます。

f0367166_14593907.jpg

ノギラン Metanarthecium luteoviride キンコウカ科

花の咲き方がキンミズヒキに似てますね。

f0367166_19004271.jpg

キンミズヒキ Agrimonia pilosa var. japonica バラ科

こちらはバラ科なんですよね。科が違っても姿が似通った植物って
多いです。生きていくためにはそういう戦略も必要だったのでしょう。

# by pee2ndjp | 2019-08-05 19:04 | 葦毛湿原 | Comments(0)

6月の葦毛湿原(2019)

f0367166_19575020.jpg

カキラン Epipactis thunbergii A.Gray.  ラン科

丈は60cmくらいでしょうか。今年は多く咲いています。

f0367166_19580677.jpg

コジキイチゴ Rubus sumatranus Miq. バラ科

ひどいネーミングだねえ(笑)キイチゴの仲間です。

f0367166_19592985.jpg

モウセンゴケ Drosera rotundifolia L. モウセンゴケ科

白花です。さて、これに対して

f0367166_19590612.jpg

トウカイコモウセンゴケ Drosera tokaiensis モウセンゴケ科

赤花ですね。東海地方から近畿地方に分布するそうです。

さて、おまけ。

f0367166_19581468.jpg

シロシタホタルガです。

舞っている姿は、なんか頼りないかんじです。白い線がとても目立ちます。
仲間にホタルガがいます。ほとんど見分けがつかないくらいですが、白い線の位置が違うそうです。


# by pee2ndjp | 2019-06-19 20:21 | 葦毛湿原 | Comments(0)

f0367166_22084632.jpg

制作途中のカンバスから。

なんてことはないです。

なくなってしまったモノは

なんですか?

# by pee2ndjp | 2019-06-03 22:11 | 風景 | Comments(0)

5月の葦毛湿原(2019)

令和になりました。
ということで、葦毛の春(?)です。

f0367166_20151688.jpg
オオバウマノスズクサ Aristlochia kaempferi. ウマノスズクサ科

学名のAristlochiaohaとはaristos(最善)+locheia(出産)の意味。
安産の薬効があると信じられ,birthwortと呼ばれる。
世界大百科事典 第2版の解説)より
花の形はサックスのようです。

f0367166_20151047.jpg

オカタツナミソウ Scutellaria brachyspica シソ科

立浪:波が立ち上がったような状態 に見えたという
命名者のイメージの飛躍が凄いですね。

f0367166_20144810.jpg


f0367166_20145246.jpg

ニョイスミレ Viola verecunda A. Gray スミレ科

白く儚げな花です。花弁に紫の筋(ライン)が入るのが特徴です。
別名ツボスミレともいいます。

f0367166_20143159.jpg

f0367166_20142640.jpg

ミカワバイケイソウ  Veratrum stamineum var.micranthum シュロソウ科

旧分類ではユリ科でした。花の多く咲く年と少ない年とがあり、今年は当たり年の方かな。
葦毛湿原全体の回復作業の結果かな、割と沢づたいに近場で咲いて
いるのを数株見ることができました。





# by pee2ndjp | 2019-05-08 20:55 | 葦毛湿原 | Comments(0)
3月も末。カエルはどうなってるのかなと行って来ました。
卵から孵化してました。
春は確実に葦毛にも来てます。

f0367166_22512929.jpg
ミヤマシキミ Skimmia japonica ミカン科

この花というか葉も茎も有毒なんです。
ミカン科で有毒というのも変わってます。
シキミと似てるけど科が違うんですよね。

f0367166_22512048.jpg

フモトスミレ Viola sieboldii Maxim スミレ科
学名の sieboldii はドイツ人のシーボルトに由来するそうです。
白色が綺麗です。

f0367166_22510822.jpg

ハルリンドウ Gentiana thunbergii リンドウ科
あちこちに咲いてました。これからもっと沢山咲くでしょう。

f0367166_22505815.jpg

タネツケバナ Cardamine scutata アブラナ科
湿原入り口の沢に咲いてます。小さい花なので注意してないと見逃してしまいます。

f0367166_22505127.jpg

タチツボスミレ Viola grypoceras スミレ科
この花も至るところで咲いてます。
春だなあと思いますね。

f0367166_22504427.jpg

ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis メランチウム科
春先の花です。聞いたことのない科目ですが、ユリ科の一種ですね。
もう花期は過ぎてるかな。

# by pee2ndjp | 2019-03-26 23:16 | 葦毛湿原 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30